大腸内視鏡検査|大阪市での苦痛のない大腸内視鏡検査を目指しています

大阪市での大腸内視鏡検査なら多根総合病院の内視鏡センターへ

苦痛が少なく、身体に優しい大腸検査を

大腸内視鏡検査は、太さ13ミリの内視鏡を肛門より挿入し、盲腸までの大腸にポリープ・腫瘍・炎症・その他異常がないかを直接観察する検査です。

意識下鎮静法とUPDと高い内視鏡操作技術による無痛の大腸内視鏡検査を提供いたします。

検査時間は内容により異なりますが、15~30分程度です。

万が一、ポリープなどの病気が見つかったときは、そのまま切除を行います。もう一度検査を受けていただく必要はありません。その場合、日帰り手術センターの利用が必要となります。

治療の可能性がある検査に関わらず担当医師、検査スタッフは十分な説明を行いますので安心して検査を受けていただけます。

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡)チーム

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡)チーム

大腸内視鏡検査の流れ

検査まで

1.検査前日は指定された食事を

大腸内視鏡検査は、内視鏡により大腸の中を観察し、腸の病気やポリープなどを見つけるために行なう検査です。大腸の中がきれいになっていないと、検査に時間がかかったり、正確な診断ができないばかりでなく、検査が受けられない場合があります。前日は指定された食事を採ってください。

2.下剤(ムーベン)の服用

午前7時に飲み始め、2時間で飲み終わるようにしましょう。遅くても検査予約の5時間前までに飲み始めてください。

3.下剤(ムーベン)の服用後

通常、ムーベンを約1リットル服用したころに最初の排便が起こります。その後、数回にわたって液状の排便があります。コップ1杯飲むごとに、次の症状がないことを確かめ、症状があればまず安静にして下さい。

1.強い吐き気 2.吐く 3.お腹が痛い 4.じんましん 5.その他、普段と違う体調の変化

それでも改善しなければ、病院にご連絡下さい。排便の有無も確認して下さい。

検査

4.検査当日

検査終了まで食事はできません。水やお茶・スポーツ飲料は飲んでいただいて結構です。常用している薬は予約時に医師と相談して下さい。必要な薬は服用できます。

5.検査準備

外来受付後、内視鏡室に案内いたします。内視鏡室にて下剤効果などの問診後、検査着に着替え紙パンツに履き替えます。検査前に大腸の動きを抑える筋肉注射をし、肛門に麻酔のゼリーを塗布します。

6.検査

検査時間は検査の内容により異なりますが、20~30分程度です。太さ13ミリの内視鏡を肛門より挿入し、大腸にポリープ腫瘍・炎症・その他異常がないかを直接観察します。必要によっては、そのまま大腸の組織の一部を採取し、更に詳しく調べる病理組織検査をします。ポリープ切除は安全に治療を行なうため、点滴などの準備が必要です。

検査後

8.検査後の説明

検査後に飲水・食事・入浴・生活の注意について、ご説明いたします。

内視鏡センターへのご質問・ご相談 Tel.06-6581-1071

内視鏡センターのご案内

来院される皆様へ

  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • 外来担当表
  • 病院のご案内
  • 診療科
  • 診療部

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療センター

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡センター

さまざまな工夫をして、苦痛のない
内視鏡検査を目指しています。

医療関係者の方へ

地域情報連絡室

かかりつけ医、医療関係者の方が当院と連絡取る際にご利用下さい。

臨床研修センター

随時病院見学を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

看護部

就職、転職でお悩みの方へ
看護師募集中です!

社会医療法人きつこう会

社会医療法人きつこう会
多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21

Tel.06-6581-1071 Fax.06-6581-2520

交通アクセス

お問い合わせ

日本医療機能評価機構認定病院

上に戻る

  • 多根総合病院
  • ご利用案内
  • 病院のご案内
  • 診療科のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • きつこう会